2016-09

Latest Entries

稼ぐNPOになる!OKa-Bizから学ぶ ビジネスセンスの磨き方

 来たる10月26日(水)、NPOグレードアップセミナーを開催します。
このセミナーは、三重県内の中間支援組織やNPO法人の知識・技術の向上を目的に開催しています。
 今回は、【稼ぐNPOになる!OKa-Bizから学ぶビジネスセンスの磨き方】と題しまして、講師に秋元 祥治さん(NPO法人G-net 代表理事岡崎ビジネスサポートセンター OKa-Biz センター長)をお招きし、ビジネスの視点からNPO運営について学びます。
 ご興味がある方は、是非お申込みください!

【日時】
2016年10月26日(水) 19:00~21:00

【場所】
みえ市民活動ボランティアセンター ミーティングルームA&B

【講師】
秋元 祥治さん
講師プロフィールはこちら

【参加費】
2,000円

【定員】
30名(先着順)

【対象】
・様々な事例からビジネスセンスの磨き方を学び、自主事業収入を増やしたいNPO
・本テーマにご興味のある方

【お申込み】
WEBからのお申込みはこちら
または①氏名②お電話番号③メールアドレスを、下記お問合せ先へ
メールまたはお電話でご連絡ください。

【お問合せ】
みえ市民活動ボランティアセンター
(指定管理者:みえNPOネットワークセンター)
〒514-0009 津市羽所町700番地アスト津3階
TEL:059-222-5995 / FAX:059-222-5971
E-mail:center@mienpo.net

28年度グレードアップセミナー_チラシ

スポンサーサイト

秋元 祥治さんプロフィール

 10月26日(水)に開催するNPOグレードアップセミナーの講師をしていただく、秋元 祥治さんのプロフィールです。
 このセミナーは、三重県内の中間支援組織やNPO法人の知識・技術の向上を目的に開催しています。
 今回は、【稼ぐNPOになる!OKa-Bizから学ぶビジネスセンスの磨き方】と題しまして、ビジネスの視点からNPO運営について学びます。
 詳しくはこちら

秋元 祥治 AKIMOTO Shoji
秋元祥治
NPO法人G-net 代表理事
岡崎ビジネスサポートセンター OKa-Biz センター長
滋賀大学 客員准教授・慶応義塾大学SFC研究所 所員
岐阜大学非常勤講師

▼プロフィール
1979年12月15日生まれ。岐阜高校、早稲田大学教育学部/
政治経済学部にて学ぶ。97年にはディベート全国一を受け
て、岐阜県民栄誉賞を受賞。01年創業のNPO法人G-netの中核事業の長期実践型「ホンキ系インターンシップ」は地方都市初の本格的事業化の取り組みとして全国からの注目を集め、政府による複数の表彰や全国で採用される高校「政治経済」教科書でも紹介されている。
また13年より行う、中小企業のみぎうで人材に特化した新卒採用支援事業も大きな注目を集めている。
中小企業支援をf-Biz・小出宗昭氏に師事し、13年10月より、売上アップに特化した中小企業相談所・岡崎ビジネスサポートセンターOKa-Bizセンター長に着任。相談は1ヶ月半待ちとなり、当初目標の300%を越える来訪相談件数を達成。圧倒的な成果から中小企業庁よろず支援拠点事業全国本部に招聘されている。

実践型インターンシップと採用支援
NPO法人 G-net

01年10月設立・03年5月NPO法人格取得
「思いを言葉にし、言葉を行動に変えていく」人材育成と中小企業支援がミッション。経済産業省のモデル指定を受け、地方都市初となる長期実践型「ホンキ系インターン」事業を中核事業として展開。金融機関や大学などと幅広い連携や高い成果を通じて、全国的な注目を受けている。また、中小企業と意欲ある若者の「みぎうで」採用支援事業を全国で初めて13年より事業化。「若者が選ぶ魅力ある中小企業100選」や「中小企業と若者の就職実態白書」発行など調査研究の取り組みも行っている。

OkaBiz
岡崎ビジネスサポートセンター

13年10月開設
岡崎ビジネスサポートセンターは、岡崎市の中小事業者の「売上アップ」を目的に、岡崎市と 岡崎商工会議所が連携して13年10月に開設。公的産業支援日本一と言われる富士市産業 支援センターをモデルにした取り組みを重ね、相談は1ヶ月半待ちとなり、当初目標の300%を越える来訪相談件数を達成。中小企業庁長官はじめ全国的な注目を集め、15年度より全国の市町の要請を受け、f-Bizとともに他地域へ展開中。

▼公職 等
内閣府地域活性化伝道師、中小企業庁よろず支援拠点事業全国本部アドバイザリーボード、経済産業省インターンシップ調査委員会委員、経済産業省まちづくり人材育成・提言プロジェクト委員、 岐阜県産業振興懇談会、岐阜県成長・雇用戦略意見交換会委員、名古屋大学環境学研究科非常勤講師、中央大学経済学部客員講師、四日市大学経済学部非常勤講師、NHK中部地区番組審議会委員、ジャパンソサエティイノベイターズネットワークフェロー

▼メディア掲載
<新聞・テレビ・ラジオ>
日本経済新聞・日経産業新聞・日刊工業新聞・中部経済新聞・朝日新聞・毎日新聞・読売新聞・中日新聞・岐阜新聞・静岡新聞・NHK 「目指せ会社の星」・「四国羅針盤」「中部NOW」NHK Eテレ「ハートネットTV」 NHK-BS1「関口知宏のオンリーワン」・東海テレビ・CBC・岐阜放送・FMわっち・FM岐阜 他
<雑誌>
経済産業省「地域産業を創り出す33人の演出家たち」・日経ビジネス・東洋経済・AERA・事業構想・日経地域情報・アントレ「独立辞典」・地域づくり・日経ビジネスオンライン・週刊東洋経済・戦略経営者 他

▼講演
(年間 40 - 50 件実施)
【産業支援】よろず支援拠点全国本部、創業ベンチャー国民フォーラム、各商工会議所・商工会 他【行政関連】経済産業省、中小企業庁、県・市町 他【学校関連】早稲田大学、横浜国立大学、名古屋大学、滋賀大学、高校・中学・小学校 他
【各種団体】 連合本部、雇用能力開発機構、日本都市計画家協会、青年会議所例会 NPO団体 他

▼執筆
Yahoo!ニュース・ハフィントンポスト・BLOGOS・アゴラ オーサー、岐阜大学『生涯学習システム開発研究』
第11巻第3号、朝日新聞連載「チャンレンジ通信(07年~08年)・岐阜新聞連載「点描」(13年)

▼受賞歴
内閣府「女性のチャレンジ支援賞」、経済産業省「キャリア教育アワード」中小企業部門優秀賞、経済産業省「ものづくり日本大賞」青少年育成部門優秀賞、経済産業省「ソーシャルビジネス55選」選出、アメリカ国務省 「INTERNATIONAL VISITOR LEADERSHIP PROGRAM」採択、岐阜県県民栄誉賞、若者版国民栄誉賞「人間力大賞」日本青年会議所会頭特別賞、岐阜市都市景観賞、パートナーシップ賞

【協創シンポジウム2016 ブース出展団体募集!!!】

協創シンポジウムは、NPO、行政、企業など多様な主体が協働し、新しい価値を生み出し、NPOの意義や価値を広げ伝えていくことを目的にしたシンポジウムで、2013年より毎年開催しています。

2016年となる今年度は、シンポジウムと同日に、NPOの持つスキルやノウハウ、独自性や先駆性を、多様なセクターの方々にPRし、より良いパートナーシップの形成につながるよう、『NPO見本市』(ブース出展による展示会)を開催する運びとなりました。

つきましては、みなさまがお持ちのサービスや商品、経験や強みを展示会でご披露ください!そしてミッションの達成や社会変革、ビジネス拡大のきっかけにご活用ください。

★イベント当日には来場者の方に仮想通貨を配布し、応援したいブースに投票していただきます。来場者からもっとも多くの仮想通貨(応援・支援)を獲得された団体には、少しですが活動支援金として寄付金を贈呈いたします。

ご関心がある方は、募集要項をご確認の上、お申込みください!

==================================
【実施日時】
2016年12月23日(金・祝) 13:00~17:00

【実施場所】
みえ県民交流センター(三重県津市羽所町700アスト津3階)

【テーマ】
社会、地域、組織、人を変える仕組みと出会い

【対象、参加条件】
三重県内に事務所を置き、三重県を拠点に活動している市民活動団体(法人格の有無は問いません)

【出展のメリット】
◆企業、行政、NPOなど多様なセクターとの出会いと交流につながる
◆ミッションの達成や社会変革、ビジネスの拡大のきっかけになる

【申込期限】
2016年9月15日(木)

【選考結果通知日】
2016年9月26日(月)  ※応募多数の場合は厳正な審査のもと選考をさせていただきます。

【申込方法】
募集要項をご確認の上、
ブース出展申込書に必要事項を記入し、
メールまたはFAXでお送りください。(締切厳守)

ブース出展募集要項⇒http://mienponet.org/wp-content/uploads/2016/08/k.youkou.pdf
ブース出展申込書⇒http://mienponet.org/wp-content/uploads/2016/08/k.moushikomi.docx

【主催】
三重県、みえ市民活動ボランティアセンター

【申込先】
みえ市民活動ボランティアセンター (担当:茂古沼、大槻、橋丸、川北)
(みえ県民交流センター 指定管理者:NPO法人みえNPOネットワークセンター)
〒514-0009 三重県津市羽所町700 アスト津3階
電話:059-222-5995   FAX:059-222-5971  メールアドレス:center@mienpo.net

====================================

“まったり”とした時間が流れています

本日のスタッフの1人、吉島です。

今朝、出勤時はいまにも降りそうな曇り空で、津駅の手前、江戸橋駅辺りで急に車窓へ雨が吹き付け、やはり降ってきたかと思いましたが、この辺りでは一時的に降っただけのようです。

弊センターは本日予約が5件入っており、午前に2件、午後2件、夜間1件と、事務スペースを除くと、静かな1日です。
事務スペースでは、日頃より人数はやや少ないものの、当たり前の日常風景が繰り広げられています。

弊センターが市民活動・ボランティア活動支援を本来の目的として設置されたため、利用団体さんの予約優先となっていますが、幸い本日は学生さんの利用が可能となっていました。
夏休みのせいか、朝からすぐに席が埋まるほど盛況です。

世間は夏季休暇なのでしょうね。
節電と熱中症予防の観点から、自由に利用できる小さいテーブル席に、この暑さから避難してきた方たちが思い思いに座ってみえます。
新聞を読みに来る方、何か仕事らしきものを広げて一心不乱にしておられる方もおられますが、いつもより多くの方がみえて、なぜか“まったり”と時間が流れているように感じます。







ソーシャルビジネスセミナーのお知らせ!

8月24日(水)にアスト津3階で、ソーシャルビジネスセミナーが
開催されます。

NPO法人等、地域貢献につながる事業を営む方や
ソーシャルビジネス分野での創業をお考えの方は詳細をご確認の上、
是非ご参加ください!


↓詳細はこちら↓
=====================================

ソーシャルビジネスセミナー
「地域ネットワークを活かした資金の循環モデル」

日時:平成28年8月24日(水)14:30~17:00(受付14:00~)

会場:アスト津3階 みえ県民交流センター ミーティングルーム

参加費:無料

定員:30名(先着順)


主催:三重ソーシャルビジネス支援ネットワーク
(日本政策金融公庫津支店・四日市支店・伊勢支店、三重県、
三重県信用保証協会、NPO法人みえNPOネットワークセンター、
北伊勢上野信用金庫)

協力:みえ市民活動ボランティアセンター


第1部『お金の地産地消白書2014』を読む会in三重
講師:木村 真樹 氏 
(公益財団法人あいちコミュニティ財団 代表理事、
コミュニティ・ユース・バンクmomo 代表理事)

・地域金融機関をソーシャルビジネス支援に本気で巻き込むための
データや事例、専門家の声をまとめた「お金の地産地消白書2014」。
本セミナーでは、本書の解説および地域金融機関が本気で
ソーシャルビジネス支援に参画するアクションについて、
金融機関のみならず、事業者(企業、個人、及びNPO)や
支援団体のみなさんと、対話します。

第2部 施策紹介「ソーシャルビジネスのための支援メニュー」
・三重県内では昨年、地方公共団体や、専門家、金融機関が
ソーシャルビジネスを営む方をワンストップで支援する
「三重ソーシャルビジネス支援ネットワーク」を設立しました。
第2部では、参加機関の持つ支援メニューをご紹介します。


申込方法:
参加申込書に必要事項を記入のうえ、FAXにてお申込みください。
※定員を超える場合は、お申込みを締め切らせていただくことがあります。

参加申込書⇒http://mienponet.org/wp-content/uploads/2016/08/chirashi-02.pdf

お申込みFAX番号:059-224-1792(送信先:日本政策金融公庫 津支店)


=======================================

ソーシャルビジネスセミナー1
ソーシャルビジネスセミナー2



«  | ホーム |  »

プロフィール

センタースタッフ

Author:センタースタッフ
みえ県民交流センター指定管理者:みえNPOネットワークセンターのスタッフブログです。
みえ市民活動ボランティアセンターの日常やイベント情報をお知らせします。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR