FC2ブログ
スタッフつれづれ日記
みえ市民活動ボランティアセンターのスタッフによるブログです。
グレードアップセミナー「協働~コレクティブインパクトを学ぶ~」
昨年のグレードアップセミナーでは、「調査」をテーマに地域に必要とされる支援について岡山県の課題構造分析事例をもとに、協働の大切さを学びました。 

 今年度のグレードアップセミナー「~コレクティブインパクトを学ぶ~」では、立場の異なる組織が、組織の壁を越えておたがいの強みを出し合い社会的課題の解決を目指すアプローチについて深く学びます。 協働の持つ可能性とは? を知りたい方、協働に興味がある、協働に行き詰まりを感じている方、ぜひご参加下さい!


★開催概要★
【講師】モジョコンサルティング合同会社 代表 長浜 洋二さん
【日時】7月25日(木)13:00~16:00(12:45~受付開始)
【会場】みえ市民活動ボランティアセンター ミーティングルーム
【定員】30名
【対象】・三重県内のNPO中間支援組織のスタッフ・行政関係者、企業関係者
    ・三重県内NPO関係者など協働に興味がある方
【参加費】1,500円
【申込方法】下記URLよりお申込みください。
https://www.kokuchpro.com/event/gu_201907/
【申込締切】7月23日(火)17:00まで。事前申込なしでの当日参加は不可。
【タイムスケジュール(予定)】
13:00  グレードアップセミナー「協働~コレクティブインパクトを学ぶ~」
14:50  質疑応答
15:20  休憩
15:30  NPOグランプリについての説明とポイント
16:00  終了

【講師ご紹介】
長浜プロフィール写真

鳥取県×日本財団地方創生プロジェクト アドバイザー
日光CSR推進連絡会 アドバイザー
座間市社会福祉協議会 アドバイザー
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会 専門アドバイザー

1969年山口県周南市生まれ 米国ピッツバーグ大学公共政策大学院卒
中央大学を卒業後、NTTへ入社。3年で退職し、1997年から米国ピッツバーグ大学公共政策大学院へ留学してNPOマネジメントを含む公共経営学修士号(Master of Public Administration)を取得。その後、米国の非営利シンクタンクにて個人情報保護に関する法制度の調査・研究、ファンドレイジング、ロビイングなどに従事する。

2001年に帰国後、マツダ、富士通でマーケティング業務に携わる一方、NPOマーケティング研究所を立ち上げ、全国でNPO向けのマーケティング研修プログラム『草莽塾』を開催。

2015年10月、公益組織のコンサルティングを行う株式会社PubliCoの起業を経て、2018年5月に、地域における協働推進、公益組織における組織開発、事業戦略の構築と実践、コミュニケーションなど、コミュニティ、組織、個人が抱える様々な課題の解決を支援するモジョコンサルティング合同会社を設立。

著書に『NPOのためのマーケティング講座』

【主催】みえ市民活動ボランティアセンター指定管理者 NPO法人みえNPOネットワークセンター・三重県
【お問合せ先】
みえ市民活動ボランティアセンター
〒514-0009 三重県津市羽所町700 アスト津3階
TEL:059-222-5995   FAX:059-222-5971 
メール:center@mienpo.net  ホームページ: http://mienpo.net/center/


スポンサーサイト


【報告】「団体が成長できるプレゼンのコツ」セミナーを開催しました
セミナー名:「団体が成長できるプレゼンのコツ」セミナー
日時:10月30日(火)19:00~20:30
参加人数:19名
会場:みえ市民活動ボランティアセンター ミーティングルームA
講師:特定非営利活動法人下野・活き域ネット 谷口欽衛さん
    特定非営利活動法人みえNPOネットワーク代表理事 松井眞理子


IMG_5121.jpg
まず最初に、昨年度三重NPOグランプリ受賞団体であるNPO法人下野・活き域ネットの谷口欽衛さんからプレゼンテーションを披露いただきました。

IMG_5115.jpg

それを踏まえ、みえNPOネットワーク代表理事の松井眞理子より
・どんな活動をしているか?を紹介すれば良いものではなく、きれいごとだけでは人の胸を打たない。
・どんな思いなのかを率直に語ることが大切。
・一番みたいのは他とどこか違うのか?
など「審査員から見たプレゼン審査のポイント」をお話させていただきました。

IMG_5120.jpg
再度、谷口さんにご登場いただき「プレゼンの機会を通した団体の変化と成長」というテーマで対談をしました。
谷口さんからは
・どの資料にどのくらい使うのか?など時間配分を秒単位で考えている
・伝えたい事は沢山あるが制約のある中でプレゼンを短くするのはあたりまえ
・原則1人でプレゼン審査にいかないことで団体内での理解が深まった
・昨年NPOグランプリで準グランプリを受賞したことで団体の認知度と信頼度が高まった
などプレゼンで気をつけていることや、プレゼンにチャレンジすることで団体の成長につながった経験を共有いただきました。

IMG_5124.jpg
最後に希望された参加者の方5人に3分間のプレゼン体験に挑戦をしていただきました。

<参加者の声>
・きれいごとではない自分たちならではの魅力を探してみようと思いました。
・団体の特徴を知っていただくため伝える情報や伝える内容の視点が増えました。
・人のプレゼンをみていて、自分たちが何をしたいのか?何をしているかを伝えることが大切であることがよくわかった。
・凄く自信がなかったのですが来年NPOグランプリに出場する勇気が出ました。熱意だけではダメな事がよく分かりました。
・プレゼン力だけではないのだと再確認した。
・自分たちの活動が実際どう社会に影響を与えているのか考えるきっかけになった。
・プレゼンと言うと内容を多く伝えなければならいのかと思っていましたが、思いを伝えることをこころがけ、わかりやすく伝える事が大事なのかな?と思いました。
・実際のプレゼンを拝見して、とても参考になりました。アドバイスをいただけてとても良かったです。




グレードアップセミナー「岡山県から学ぶ 1から始める調査の方法~地域に必要とされる支援~」
中国地方の中山間地域にて「越境のしくみづくりプロジェクト」でコレクティブインパクト(※)を推進するなど、精力的に先進的な取組みをしている岡山県から特定非営利活動法人みんなの集落研究所・代表執行役で特定非営利活動法人岡山NPO
センター・代表理事の石原達也さんをお迎えし、岡山県での調査事例と地域での多セクター連携について学びます。
(※)コレクティブ・インパクトとは、立場の異なる組織(行政、企業、NPO、財団、有志団体など)が、組織の壁を越えてお互いの強みを出し合い社会的課題の解決を目指すアプローチのこと。
★開催概要★
【講師】特定非営利活動法人みんなの集落研究所 代表執行役  
特定非営利活動法人岡山NPOセンター 代表理事  石原達也氏
【日時】 8月18日(土)13:30~16:00(13:15~受付開始)
【会場】 みえ市民活動ボランティアセンター 交流スペースA
【定員】20名
【対象】県内中間支援組織スタッフ・行政職員・ソーシャルセクターに関心がある方
【参加費】2,000円
【申込方法】下記URLよりお申込みください。
https://www.kokuchpro.com/event/gradeup/
【タイムスケジュール】
13:30~ 岡山の調査事例と多セクター連携の進め方について
15:10  質疑応答など
16:00  終了

※同日の午前10:00~石原さんを講師に招き、第6回みえNPO基金(仮)勉強会「コミュニティ財団の作り方~入門編~」を開催します。詳しくは当センターホームページをご覧ください。(https://www.mienpo.net/news/20180818/

【お問合せ先】
みえ市民活動ボランティアセンター
〒514-0009 三重県津市羽所町700 アスト津3階
TEL 059-222-5995   FAX 059-222-5971 
メール center@mienpo.net  URL http://mienpo.net/center/
180701【GU】チラシ




Copyright © スタッフつれづれ日記. all rights reserved.