FC2ブログ
スタッフつれづれ日記
みえ市民活動ボランティアセンターのスタッフによるブログです。
『みえ市民活動・ボランティアニュース』2月号発行
皆さん、こんにちは。
スタッフの竹内です。

このところ、例年よりも暖かい日が続いていますが、
2月に入ると、またぐっと寒くなる日々が続くそうです。

気象庁では、「異常天候早期警戒情報」として、
2月上旬から中旬にかけて、北海道から東北、関東甲信越の
平均気温を「かなり低い」と予想する発表を行いました。
http://www.jma.go.jp/jp/soukei/

きっと、この地方も寒くなるだろうな……と
今から少し憂鬱ですが、暖かくして乗り切りましょう!

さて、今月25日に、当センターから毎月発行している
『みえ市民活動・ボランティアニュース』の2月号が発行されました。

news201402.jpg

2月号のインタビュー企画「熱中手帖。」では、
三重県南伊勢町で活動されている「神津佐啓発会」会長の
徳田真宏さんにお話を伺いました。

地域に住むさまざまな年代の住民を巻き込みながら、
地域活性化に取り組まれている内容が掲載されています。
http://www.mienpo.net/center/home/volunteer_news/NEWS/201402/news201402_interview.pdf

「三重ぐるり ~みえの市民活動~」では、
『若者が活躍している団体』をピックアップしました。
20代、30代の若者を中心に活躍されている市民活動団体が
掲載されています。
http://www.mienpo.net/center/home/volunteer_news/NEWS/201402/news201402_miegururi.pdf

その他、「活動のぞき見隊」では、三重県松阪市にある
「特定非営利活動法人 Mブリッジ」のスタッフに密着。
企業とNPOの協働推進事業部チーフの福島有香さんに
ご登場いただき、その仕事内容をご紹介しています。

「マイNPO物語」では、みえ市民活動ボランティアセンターで
外国人児童の学習支援をしているボランティアグループ「ジョイア」の
代表で、三重大学3年生の池戸綾さんにお話を伺いました。

みえ市民活動ボランティアセンターのスタッフが紹介する
「NPO・ボランティア 私の一冊」では、
竹井義昭さんの著書『社会貢献でメシを食う』をご紹介。
当センターで貸し出しを行っておりますので、
ご興味のある方は、ぜひ一度手に取ってみてください。

2月号は、全体的に「若者」をフィーチャーした内容となっています。
三重県では、市民活動に関わる若者が少ないと思われがちですが、
20代、30代の現役世代が、規模の大小に関わらず、地域で
市民活動に携わり、より住みよいまちづくりを行っています。

この機会に、『みえ市民活動・ボランティアニュース』2月号を
お読みになって、「若者が活躍する市民活動」に触れてみては
いかがでしょうか。WEB上でも読むことが可能です。

http://www.mienpo.net/center/home/volunteer_news/volunteer_news.html
スポンサーサイト







Copyright © スタッフつれづれ日記. all rights reserved.